「仕事を辞めたい」と思うことについて「甘え」として捉えられることもあります。

しかし、仕事を辞めることは甘えではなく、自分の心身を守る上で時には必要な決断です。

本記事では、「仕事を辞めたい=甘え」ではないと言える3つの理由を説明した上で、多くの人が仕事を辞めたいと感じる理由や仕事を辞める際の注意点についても紹介していきます。

本記事が、仕事を辞めることを検討されている方が一歩踏み出すきっかけになりますと幸いです。

「仕事を辞めたい=甘え」ではないと言える3つの理由

「仕事を辞めたい」と言う人に対して批判的な見方が一部からあることも事実です。

しかし、「仕事を辞めたい=甘え」であると言い切ることはできません。

「仕事を辞めたい=甘え」ではないと言える3つの理由として、

  • ブラック企業が多い(職場環境・人間関係が悪い)
  • 仕事によって精神を追い詰める必要はない
  • 仕事において合う・合わないといった相性はある

を挙げられます。

以下、「仕事を辞めたい=甘え」ではないと言える3つの理由についてそれぞれ見ていきましょう。

ブラック企業が多い(職場環境・人間関係が悪い)

ブラック企業の数は昔よりも確実に増えています。

無償での残業・休日出勤、パワハラ、達成できるはずのないノルマなどに悩む会社員の方は少なくありません。

入社当初は「仕事を頑張ろう」と意欲的であっても、上司から理不尽に怒鳴られ、毎日遅くまで残業を強いられていたら「仕事を辞めたい」と思うのは当然のことです。

労働環境の悪い会社に在籍されている方の中には、「社内の人はみんな頑張っているのに、すぐに疲れてしまう自分は甘えている」と思い詰める方も少なくありません。

働き方などに問題を感じている方は家族や友人に相談し、客観的に判断してもらいましょう。

仕事によって精神を追い詰める必要はない

仕事によって精神を追い詰める必要はありません。

「仕事が辛くて強いストレスを感じる」と思った時は仕事としばらく距離をとることも一つの選択肢と言えるでしょう。

自分の心身を守るためにも、職場に精神が壊れてしまうまでしがみつく必要はありません。

仕事において合う・合わないといった相性はある

仕事内容や会社の雰囲気について合う・合わないといった相性は誰にでもあります。

ある職場では周囲よりも劣っていた人でも、別の職場に行けば高いパフォーマンスを発揮できる人も少なくありません。

「仕事が合わない」と感じた場合は、別の会社や職種への転職を検討してみても良いでしょう。

「仕事を辞めたい」と感じる理由TOP5

働いているなかで「仕事を辞めたい」と思う原因やきっかけは人によって異なります。

「仕事を辞めたい」と感じる理由TOP5として、

  • 疲れてしまった
  • やる気がでない
  • 些細な失敗についてひどく怒られて辛い
  • 今の職場にいてもキャリアアップを期待できない
  • 会社の将来に対する不安

を挙げられます。

多くの方たちが「仕事を辞めたい」と感じる理由TOP5についてそれぞれ見ていきましょう。

疲れてしまった

週休2日制で毎日8時間働くことは当たり前のようですが、実はとても大変なことです。

また、忙しい職場や人手不足の職場の場合、日々残業に追われて休む時間もままならないかもしれません。

仕事をしていると肉体的な疲れだけでなく、精神的に疲れてしまうこともあります。

取引先やお客さんから言われた言葉に疲弊したり、上司に気を遣うあまり気疲れしたりすることもあるでしょう。

「疲れてしまった」と感じる方は休日にゆっくりと休んだり、有休を活用してリフレッシュしたりすると良いでしょう。

やる気がでない

仕事を頑張ろうと思っていてもやる気が出ない期間は誰にだってあります。

朝起きて「仕事を辞めたい」と感じたり、出社してもいつまでもやる気がでなかったりすることもあるでしょう。

「最近、仕事にやる気がでない」と悩まれる方は、将来のビジョンや入社時に抱いた目標を思い返してみてもよいかもしれません。

些細な失敗についてひどく怒られて辛い

些細な失敗で必要以上に怒られると、職場で落ち着いた気持ちでいられなくなるでしょう。

些細な失敗で過度に怒られることで恐怖感、不安感を抱き、「仕事を辞めたい」という気持ちが出てきます。

また、上司が部下を過度に叱ることはパワハラに該当するケースもあります。

あまりにもひどい場合は信頼できる上司や会社のパワハラ相談窓口に相談してみても良いかもしれません。

今の職場にいてもキャリアアップを期待できない 

キャリアアップを目指しているにも関わらず、現在の職場にいても将来が期待できない場合、「仕事を辞めたい」という気持ちが出てきます。

高いビジョンをもって「仕事を辞めたい」と考えている方は、自分の将来をより良いものにするために退職という選択肢もあります。

会社の将来に対する不安

業績不振、予算削減、リストラなどの噂を耳にすると、会社の将来性に不安を感じるものです。

「自分はこの会社にいつまでいられるのか」といった不安に襲われるでしょう。

会社の業績が明らかに悪化しており、会社の倒産や大規模なリストラを予想できる場合は、転職活動をしてみても良いかもしれません。

あるいは、転職に有利になるような資格の取得を目指すという方法もあります。

仕事を辞める前によく考えよう

仕事を辞めたいと感じている方は問題解決の可能性や、問題がどのくらい継続するのかを考えてみることをおすすめします。

たとえば、自分以外にも同じ問題で悩んでいる社員がいる場合、複数人で会社に相談するという方法もあります。

数週間から数ヵ月程度で解決が見込める問題であれば、問題解決までじっくりと待つという方法もあります。

仕事を辞める際は転職先の目途はあるのか、現職と比較した転職先の条件の良し悪しをきちんと確認しておくようにしましょう。

転職先がなく生活費に困るといった状況や、転職先で労働環境がさらに悪化したというシチュエーションは回避する必要があります。

実際に仕事を辞めた人の口コミ 

「仕事を辞めた人は上手くいってるの?」といった疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、実際に仕事を辞めた人の良い口コミと悪い口コミを紹介していきます。

良い口コミ

まず、良い口コミからご紹介します。

利用者

私は職場にいても「自分は仕事ができない」「辛い現実から逃れたい」と思うばかりでした。

一方、仕事を辞めることは人生終わりだとも思っていました。

しかし、実際に仕事を辞めて、海外旅行をしてみたところ人生の楽しさを感じたのです。

仕事のイヤなことからすべて解放されて、サッパリとした気分になりました。

仕事を辞めてから半年ほど経って、転職活動をはじめました。

失業期間中、自分の適性などを考えた結果、ノルマなどのあるアパレルよりも事務職の方が向くことに気付きました。

現在は事務職として比較的ゆったりと働いています。

悪い口コミ

次に、悪い口コミをご紹介します。

利用者

連日残業を強いられ、さらには上司からパワハラを受けていたので、後先考えずに退職の意思を会社に伝えました。

生活していかなければならないため、転職活動をすぐにはじめたのですが転職先が見つかりません。

エージェントとの面談も繰り返していますが、自分の希望に合う職場がほとんど見つからない状況です。

入社したいと思える会社を見つけて面接に出向いても、内定には結び付かず困っています。

 

まとめ

家族や友人にやっとの思いで「仕事を辞めたい」と伝えたにも関わらず、「甘え」と言い捨てられた経験をもつ方もいらっしゃるでしょう。

「仕事を辞めたい」と感じる理由は人によって異なるものの、仕事を辞めたいと思うことは甘えではありません。

仕事には合う・合わないといった相性がありますし、ここ最近は昔よりもブラック企業の数が増加しています。

仕事を辞めることは甘えではありませんが、後悔しない選択をすることが大切です。

退職したら後戻りできないことを理解したうえで、将来のことをきちんと考えるようにしましょう。

編集部イチオシの退職代行2選!

弁護士法人みやび・・・退職+それ以外の未払い費用の請求もサポートして欲しい人におすすめ。

弁護士資格を保有しているため、通常の退職代行に加えて、「有給取得」や「未払い給与への対応」、「退職金の請求」の交渉まで依頼できる。

退職代行は55,000円(税込)で依頼でき、それ以外の交渉などは回収した金額の20%の費用で依頼可能。

退職代行Jobs・・・とにかく早く&弁護士よりも安価に辞めたい人におすすめ。

労働組合(合同労働組合ユニオンジャパン)と提携している退職代行。

24時間対応だから即日退職可能で現金後払いもOK。有給休暇の申請も無料でサポート。

退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)で依頼できる。