「精神的に楽な仕事ってないのかな。」 

「いまの仕事が精神的に辛い。」 

仕事のストレスで転職を考えている人も多いのではないでしょうか。 

仕事をするなら、精神的に楽な仕事をしたいですよね。 

今回の記事では、精神的に楽な仕事につくためのコツを紹介します。 

編集部イチオシの退職代行2選!

弁護士法人みやび・・・退職+それ以外の未払い費用の請求もサポートして欲しい人におすすめ。

弁護士資格を保有しているため、通常の退職代行に加えて、「有給取得」や「未払い給与への対応」、「退職金の請求」の交渉まで依頼できる。

退職代行は55,000円(税込)で依頼でき、それ以外の交渉などは回収した金額の20%の費用で依頼可能。

退職代行Jobs・・・とにかく早く&弁護士よりも安価に辞めたい人におすすめ。

労働組合(合同労働組合ユニオンジャパン)と提携している退職代行。

24時間対応だから即日退職可能で現金後払いもOK。有給休暇の申請も無料でサポート。

退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)で依頼できる。

精神的に楽な仕事の条件を男女別に紹介 

精神的に楽な仕事の条件を男女別に紹介します。 

男性版 

男性が思う精神的に楽な仕事の条件を紹介します。 

  • 職場の人間関係が良好である 
  • 責任の負担が少ない 
  • 安定した収入が見込める 
  • 同僚との競争やノルマがない 
  • 残業が少ない 

精神的に楽だと思う仕事の条件の理由を参考に、あなたが思う精神的に楽な仕事の条件を探してみてください。

職場の人間関係が良好である

人間関係は1番重要かもしれません。

人間関係が悪いと、居心地も悪く、ストレスが溜まりやすくなります。

責任の負担が少ない

責任が重すぎると、不安で逃げ出したくなることもありますね。

なるべく負担を減らして働きたいと考える人が多いようです。

安定した収入が見込める

自分の満足のいく収入があれば、ある程度のことは我慢できるケースもあります。

安定した収入が得られることによって、プライベートを充実させやすくなります。

同僚との競争やノルマがない

ノルマがあることで頑張れる場合もありますが、ノルマに追われて精神的に疲れてしまう人が多くいます。

また、ノルマが達成できずに上司に責められてしまうと、苦痛に感じるでしょう。

残業が少ない

全く残業がない会社は少ないかもしれませんが、毎日残業や帰宅後も仕事をしなければいけない状況になると休む暇がなくなってしまいます。

趣味など、自分の好きなことをする時間もある程度確保したいですね。 

女性版 

女性が思う精神的に楽な仕事の条件を紹介します。 

  • 職場の人間関係が良好である 
  • ルーティンワークである 
  • 好きな仕事である 
  • 自分のペースで仕事ができる 
  • 残業が少ない 

女性が思う精神的に楽な仕事は、家庭の事情が考慮されるという部分も大切だと考える人が多いです。 

職場の人間関係が良好である 

人間関係は男女共に重要と考えている人が多いです。 

対人ストレスがない職場が理想的な環境と言えるでしょう。 

ルーティンワークである 

仕事の流れが決まっていると、業務の効率化もよくなります。 

業務をマニュアル化することによって、ミスの軽減にもなり負担が少なくなるでしょう。 

好きな仕事である 

好きなことを仕事にしていば、勤務時間中も楽しく過ごすことができそうですね。 

少々つらい部分があっても、好きな仕事に就いていれば精神的な負担も少ないでしょう。 

自分のペースで仕事ができる 

仕事の進め方を自分で決められることによって、精神的ストレスから解放されます。 

働く場所や時間に縛られずに、自由に仕事がしたい人も多いようです。 

残業が少ない 

残業も男女共に負担に感じる人が多いようです。 

特に女性は、子供のお迎えなど家庭の事情で残業をすることが難しい場合も多いでしょう。  

精神的に楽な仕事ランキング TOP3

男性・女性・正社員別の、精神的に楽な仕事ランキングTOP3とその理由を紹介します。 

男性版 

男性が精神的に楽だと感じる仕事ランキングTOP3を紹介します。 

1.警備員 

  • 基本的に交代制のため、定時で仕事を終えられる 
  • 空き時間も多く、自分の好きなように過ごすことができる 

2.工場作業員 

  • 必要最低限のコミュニケーションで仕事ができる 
  • 単純作業が多く、仕事が覚えやすい 

3.ビルメンテナンス 

  • 待機時間が多く、精神面だけではなく体力面の負担も少ない 
  • 夜勤のある現場は、休日が多い 

女性版 

女性が精神的に楽だと感じる仕事ランキングTOP3を紹介します。  

1.事務職 

  • ルーティンワークのため、仕事が覚えやすい 
  • 定時で帰りやすく、ノルマがない 

2.受付 

  • 職場内で関わる相手が限られているため、面倒な人間関係が少ない 
  • ルーティンワークがメインで、覚える業務は少ない 

3.コールセンター 

  • シフトの希望が通りやすく、好きな時に仕事ができる 
  • 高時給のため安定した収入を得られる 

正社員版 

正社員で精神的に楽だと感じる仕事ランキングTOP3を紹介します。 

1.地方公務員 

  • 解雇がなく、収入も安定している 
  • ノルマや社内での競争がない 

2.トラック運転手 

  • 法律で連続運転の時間が4時間までと決められているため、待機時間が長い 
  • 音楽やオーディオブックを聴いて、運転時間を楽しむことができる 

3.警備員 

  • 基本的に交代制のため、定時で仕事を終えられる 
  • 空き時間も多く、自分の好きなように過ごすことができる 

精神的に楽な仕事に就くメリット3選 

精神的に楽な仕事に就くことによって、どのようなメリットが得られるでしょうか? 

精神的に楽な仕事に就くメリットを3つ紹介するので、参考にしてみてください。 

1.精神面が安定すると、毎日楽しく過ごすことができる 

精神的な負担を感じていると、プライベートな時間にも影響してきます。 

精神的に楽な仕事に就くことによって、心の健康を保ちやすく、うつ病などになる可能性も低くなるでしょう。 

ストレスを取り除くことができたら、明るい日々を過ごすことができそうですね。 

2.体力面の負担を軽減しやすい 

ストレスは精神的な部分だけではなく、肉体的にも影響を与えます。 

精神的に楽な仕事をしていることにより、肉体的な疲労を感じにくいかもしれません。 

また、肉体的に疲れる仕事をしていても、比較的回復が早くなるでしょう。 

3.仕事とプライベートとの両立がしやすい 

ストレスや残業が少ない仕事に就くと、プライベートな時間を有意義に過ごせるようになります。 

オン・オフを上手に切り替えることによって、仕事も効率的に行うことができるようになります。 

精神的に楽な仕事に就くデメリット3選 

精神的に楽な仕事には、収入面の不安や、仕事のやりがいを感じにくなってしまう可能性があります。 

精神的に楽な仕事に就く主なデメリットを3つ紹介します。 

1.年収が低くなる可能性がある 

精神的に楽な仕事に就くことによって、今よりも収入が低くなる場合があります。 

精神的に楽な仕事は、簡単な業務内容が多いこともあり、経験を積んでも給料が上がらない可能性が高いです。 

2.やりがいが感じられない 

単純作業が多いことから、やりがいが感じられないこともあるかもしれません。 

仕事においてスキルを身につけたい人や、変化を求めている人にとっては、退屈に感じる場合もあります。 

3.転職時の志望動機の不安 

企業側は、「仕事に取り組む姿勢」を評価します。 

精神的に楽な仕事に就きたいからといって、正直に志望動機を伝えてはいけません。 

転職に対するポジティブな気持ちや、積極的な態度が分かるように注意しましょう。 

精神的に楽な仕事のイメージと現実を紹介 

「精神的に楽な仕事に転職したいけど、本当に楽なの?」と考える方も多いのではないでしょうか? 

精神的に楽な仕事として人気のある3つの職業で実際に働いている人の意見を紹介していきます。 

警備員のイメージと現実 

警備員のイメージと現実をそれぞれ紹介します。

イメージ 

  • 自由時間が多く、時間を有効活用しやすい 
  • 残業が少なく、定時で帰れる 

現実 

  • 客からの苦情 
  • 年収が低い 

事務職のイメージと現実 

事務職のイメージと現実を紹介します。

イメージ 

  • 業務内容がルーティン化していて、比較的簡単な作業が多い 
  • ノルマがなく、定時で帰りやすい 

現実 

  • やりがいを感じにくい 
  • 昇進や昇格がほぼない 

地方公務員のイメージと現実 

地方公務員のイメージと現実を紹介します。

イメージ 

  • 安定した収入を得られる 
  • ノルマがなく精神的負担が少ない 

現実 

  • 地方公務員試験に合格する必要がある 
  • 自分の判断で行動ができない 

精神的に楽な仕事に転職する場合のポイント 

精神的に楽な仕事に転職するために、抑えておきたいポイントや、面接時の志望動機の例を交えて紹介します。 

精神的に楽な仕事への転職失敗を防ぐコツ 

転職活動を始める上で、一番最初にしたいことは労働条件の優先順位を決めることです。 

今まで、どのような部分にストレスを感じていたか、もう一度振り返ってみましょう。 

気になる職種が見つかったら、実際に働いている人の声や口コミを調べてみるのもいいかもしれません。 

また、職場見学を実施している企業があれば、積極的に参加することで自分に合っているかを判断することができます。 

面接時には、労働条件や不安に思っていることを必ず聞くようにしましょう。 

面接官から「何か質問はありませんか?」と聞かれた際に、質問ができるように確認したいことを事前に準備しておくと安心です。 

後悔のないよう転職は慎重に 

精神的に楽な仕事の条件は、人間関係や勤務時間、業務内容など理由がありました。 

精神的に楽な仕事とは、人ぞれぞれの感じ方で変わってきます。 

今まで自分が不満に思っていたことを明確にして、慎重に考えるようにしましょう。 

労働条件を念入りに確認することが重要です。 

精神的に楽な仕事にもデメリットはあります。 

デメリットを踏まえて、今の仕事を本当に辞めていいのか検討してみるのもいいかもしれません。 

志望動機の紹介 

応募書類や面接で必ずと言っていいほど聞かれる志望動機に悩む人も多いのではないでしょうか。 

精神的に楽な仕事の志望動機はネガティブになりやすく、良い印象を与えられません。 

今まで不満に思っていた部分を、ポジティブな言い回しが心がけましょう。 

志望動機の言い回しをいくつか紹介します。 

人間関係に不満があった場合 

  • コミュニケーションをしっかりとりながら仕事に取り組みたい 
  • 年代の近い方と一緒に長く務めたい 

残業が多い 

  • 業務を効率的に行なって、終業後に資格取得のための勉強がしたい 

まとめ 

あなたにとって精神的に楽な仕事はどんな仕事でしたか? 

精神的に楽な仕事に就くためのポイントをまとめたので参考にしてみてください。 

  • 今まで不満に感じていた部分を掘り出す 
  • 労働条件の優先順位を明確にする 
  • 精神的に楽な仕事についた場合のデメリットも把握しておく 
  • 面接時の志望動機の言い回しに気をつける 

精神的に楽と感じる仕事は、人それぞれ変わっています。 

ストレスを取り除いて仕事ができるように、転職を検討してみましょう。 

 

編集部イチオシの退職代行2選!

弁護士法人みやび・・・退職+それ以外の未払い費用の請求もサポートして欲しい人におすすめ。

弁護士資格を保有しているため、通常の退職代行に加えて、「有給取得」や「未払い給与への対応」、「退職金の請求」の交渉まで依頼できる。

退職代行は55,000円(税込)で依頼でき、それ以外の交渉などは回収した金額の20%の費用で依頼可能。

退職代行Jobs・・・とにかく早く&弁護士よりも安価に辞めたい人におすすめ。

労働組合(合同労働組合ユニオンジャパン)と提携している退職代行。

24時間対応だから即日退職可能で現金後払いもOK。有給休暇の申請も無料でサポート。

退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)で依頼できる。